患者サロン

キャンサーリボンズ「サルビア」を患者さん・ご家族の交流にご活用ください。

 

当院1階に患者サロンとして、キャンサーリボンズ「サルビア」を開設しています。

 

がん患者さんやそのご家族を対象に、自由に集い、交流を深めていただく場としてご利用いただいています。

 

お茶を飲みながら和やかに、同じ疾患を持つ立場から心の不安や悩みを語り合い、情報交換などにもご活用いただけます。また、がんなど医療に関する講習会も開催しています(不定期)。

 

ご自分らしくより良い生活を過ごすために、どうぞお気軽にご参加ください。



お花の『サルビア』とは・・

紫蘇(しそ)科の植物です。
語源は、ラテン語の「salvare(治療)」「salveo(健康)」とされています。
花言葉は「全て良し」「エネルギー」です。



 

恵佑会札幌病院は、がん患者さんの治療と生活を支援する『NPO法人 キャンサーリボンズ』を応援しています。

 

佑会とNPO法人キャンサーリボンズ共催イベント

 

2012年『がん患者さんの治療と生活をつなぐ講演会』を開催しました

手術後「食べられない」「食べたくない」などで困っている患者さんが多く、そのような患者さんやご家族に、食事の楽しさを知っていただき、ストレスを軽減させてほしいという願いから、NPO法人キャンサーリボンズに共催をいただき、2012年8月27日(月)、『がん患者さんの治療と生活をつなぐ講演会』を開催しました。

講師には服部栄養専門学校理事長・校長の服部幸應先生と、ヘルシーライフクリエイト・リサーチ&コンサルティングの大賀英史先生をお招きしました。

 

はじめに、大賀先生より「がんと食事~What to eat, How to eat~」と題し、必要な栄養素やバランスの良い食事の仕方など、栄養学の面からお話ししていただきました。

 

後半は服部先生より「食事をストレスにしない」と題しご講演をいただきました。服部先生は、食生活における環境の大切さや現代の問題点などをお話しされ、最後に「どんな時でもポジティブに考え、楽しく食事をしてほしい」と患者さんにメッセージを送っていました。

 

 

左から 福田護先生(キャンサーリボンズ理事長)、岡山慶子さん(キャンサーリボンズ副理事)、服部幸應先生、大賀英史先生、細川正夫(恵佑会理事長)

参加した患者さん、ご家族は、先生方のお話に感激した様子で、笑顔で帰られる方が多くいらっしゃいました。この講演会を通して、患者さんの食事に対するストレスが少しでも解消できたならば幸いです。


ご利用案内

不定期開催(適宜お知らせします)

日時第3木曜日
時間 2時間
予約等要予約。
看護師、医療ソーシャルワーカーなどが常駐し、 皆さんとお話しします。

 

患者さん・ご家族のみのご利用

日時

平日9:00~17:00 [土曜日は15:00迄]

時間 2時間
予約等要予約。(ただし、土曜日は除く)
予約が入っていなければ当日の申込みも可能です。

 

 

お問い合わせ

相談支援センター(直通)
TEL: 011-863-2106