緩和ケア

医師・看護師・ソーシャルワーカーらによるチームで多方面からサポートします。

 

「緩和ケア」は、がんに伴う身体的・精神的・社会的なさまざまな問題に悩む患者さんとそのご家族に対し、早い段階で多方面からサポートすることで苦痛の予防と軽減を図り、「生活の質(QOL)」を向上させるためのアプローチです。

 

当院では、「早期から苦痛をとって良い生活を過ごす」ことを理念とし、緩和ケア病棟と緩和ケアチームが中心となってより良い医療とケアの提供を目指しています。主治医と緩和ケア医師が連携し、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなども加わったチームによる総合的な緩和ケア体制を整備。患者さん・ご家族との関わりを大切にし、誠実に向き合うことを心がけてサポートを行っています。

 

また、緩和ケア外来では、当院かかりつけの患者さんには主治医がご相談に応じ、かかりつけでない患者さんにも地域医療連携室を通じて緩和相談などに対応しています。緩和ケアチームが中心となり、患者さんがより自分らしく生活できるよう支援することを目標に取り組んでいます。

 

 

生活の質(QOL)とは

 

緩和ケア外来

緩和ケア内科

緩和ケア病棟(看護部 6・7病棟)