恵佑会のがん医療

恵佑会の「がん医療」についてお伝えしたいこと


私たちの目指すもの


がん専門病院として患者さん一人ひとりと向き合い、一貫した診療を行います。



私たち恵佑会札幌病院は、がん専門病院として質の高いがん医療を目指し、一貫した診療にあたることを最大の目標としています。
がんの診断・治療から、再発あるいは緩和ケアが必要になった場合にも、安心して受診していただける体制を整えています。
「私だったら」「私の家族だったら」と考えながら、患者さん一人ひとりと向き合うことを全スタッフが目指しています。


恵佑会札幌病院は、1981年(昭和56年)の開設以来、「がんの診断・治療・再発・終末期を一貫として診療する」ことを最大の目標として、成長を続けてきました。「私だったら」「私の家族だったら」と考えながら、患者さん一人ひとりに向き合うことを全スタッフがモットーとし、安心して受診していただける病院を目指しています。
がんの治療については、手術・放射線治療・化学療法を組み合わせる集学的治療によって、患者さんにとって最適な治療を行っており、当院で治療が完結できるように人材と機器を備えています。また、がんによるつらい症状の緩和的治療を行う緩和ケア病棟では、主治医と緩和ケア医が連携して対応にあたり、特に終末期には人間の尊厳を保つことができるよう配慮しています。各診療科の医師をはじめ看護師、薬剤師、放射線技師などそれぞれの専門職が協力して取り組むチーム医療にも力を入れ、最新かつ最善の医療の提供を続けています。
がんの治療には、患者さん自身が主体的に立ち向かうことも大切になります。それに対して私たちは、より「質の高いがん医療」を提供することでできる限りの協力をし、安心してお任せいただける病院づくりに総力を挙げて取り組んでいます。

恵佑会のがん医療について

※恵佑会のがん医療についてわかり易く纏めたページを作成予定 


恵佑会札幌病院は、1981年(昭和56年)3月の開設以来、「悪性腫瘍の診断、治療および末期治療を一貫としておこなう」ことを最大目標とし、その目標に向かって発展を遂げてきました。基本方針として全職員の生活を保障することを約束しています。

診断面では、器具の進歩は著しいのですが、いわゆる最新のものばかり揃えることは経済面で手が届きません。しかしながら最低限必要な器具は揃えてきています。例えば、PET-CTは比較的早く導入し、治療前あるいは再発のチェックにフルに稼働しております。また、64列CTは3台あり、これもフル稼働しております。その他、最新の診断器具は少ないですが、がん診断に関してはかなり整っていると考えております。

治療面では手術、放射線、化学療法の3大治療法がありますが、最近は免疫療法が世間を賑わせております。当院は手術、放射線、化学療法を主体に、この組み合わせであれば院内で治療が完結できるように人材、機器を備えてきました。手術と同様、治療の中心である放射線治療装置は2台導入され、標準的な治療の他、強度変調放射線治療などより高度な治療も行っております。化学療法の面でもがん薬物療法専門医による指導の下、各科の医師が適切な薬物療法を行っております。しかしながら、臓器別の治療法が進みより専門性が高まっており、その対応も細かくなってきています。まだまだ努力すべきことがありますが、がんに対する標準的治療はできるものと考えております。緩和病棟では専従医師がおり、当院の特徴である緩和病棟入棟前の医師も引き続いて担当し、両者で患者に応対しております。これは開院以来の目標である診断から末期まで一貫とした治療という面からは理想的な対応がなされていると思います。

当院のモットーは、シンプルに「本人及び自分の家族も安心してかかれる」病院です。がんの面でもこのモットーを持ち続け、今後も「質の高いがん医療」を目指し、地域の拠点病院として取り組んでまいります。ここ数年来、医療経済は大きく変化しており、特に高額医療機器の導入や非常に高額な抗がん剤の発売など、医療費そのものの高騰を招いております。“医療が日本を滅ぼす”という意見も出てきております。その様に非常に厳しい環境でも医療はなくてはならない分野です。生き残りをかけ、全職員が総力を挙げて引き続きがん医療をやっていく予定であります。