歯科口腔外科・歯科 治療方針

治療方針

歯科・歯科口腔外科では、以下のような症状でお困りの患者さんに対して適切な治療を行っています。

 

  • 治療しても歯の痛みや腫れが治らない
  • 急に顔が腫れた
  • 歯を抜いた後に血が止まらない、または痛みがなくならない
  • 歯や顎が折れた
  • 口内炎や口の中のできものが治らない
  • 義歯がうまく合わない
  • 義歯があたってできた傷がなかなか治らない
  • 顎が痺れたり、知覚異常がある
  • 顎関節が痛かったり、カクカク音がしたり、口が開きにくくなった
  • 舌がピリピリ痛む
  • 口が乾燥する
  • 味覚異常がある
  • インプラント(人工歯根)の治療を受けたい
  • 内科的な病気があって歯科治療を断わられた
  • 吐き気が強くて歯科治療ができない

 

外科的処置や手術では、外来や入院を問わず顕微鏡を用い確実で良質な歯科口腔外科医療を行っています。

歯科では、一般的な歯科治療のほか、恐怖心や吐き気などのため通常の治療が困難な方のための静脈内鎮静法を併用した歯科治療も行っており、ストレスや痛みを少なくして安全で良質な治療ができるように心がけています。

義歯でお悩みの方にも対応すべく、インプラント義歯やビニール義歯(金具のない義歯)など保険外診療を含めた色々な義歯治療を行っています。

口腔腫瘍の手術を受けた後に義歯治療が必要な方には、顎補綴という特殊な義歯治療も行っています。

また、専門の歯科衛生士による口腔ケアや歯の漂白も行っています。

 

疾患

具体的症状・処置など

埋伏歯

親しらずの抜歯など

炎症

智歯周囲炎・顎骨炎・歯性上顎洞炎など

外傷

顎骨骨折・歯牙脱臼・口腔内外裂傷など

嚢胞

歯根嚢胞、顎嚢胞など

顎口腔腫瘍

口腔がんの治療など

顎変形症

上下顎前突症(うけ口など)・顔面非対称など

顎関節症

開口障害・顎関節部の痛みなど

口腔粘膜疾患

口内炎・口腔乾燥症・歯科金属アレルギー・舌痛症・味覚障害など

一般的な歯科疾患
(虫歯・歯槽膿漏など)

心疾患・糖尿病・脳血管障害などの基礎疾患あるいは歯科治療恐怖症があり、一般的に治療が困難な患者さんおよび入院下での治療を要する患者さんの歯科治療

歯科インプラント
(人工歯根)

義歯装着が困難な患者さん、歯を削らずに歯牙欠損の治療を希望する患者さんの治療

顎補綴治療

顎口腔腫瘍切除後に顎義歯を製作・装着する治療

唾液腺疾患

ドライマウスなど

ホワイトニング
(歯の漂白)

歯の着色・変色の治療

 

 

トップ