消化器内科 治療方針

苦痛の少ない検査を目指して

内視鏡室

内視鏡センターでは、上部消化管内視鏡検査(食道、胃、十二指腸)、大腸内視鏡検査、超音波内視鏡検査、気管支内視鏡検査、内視鏡的逆行性胆管膵管検査、その他内視鏡を用いた種々の治療を行っています。

 

内視鏡検査においてご希望の方には、検査時に鎮静剤や鎮痛剤の注射を行います。そのため、より苦痛の少ない検査を受けることが可能です。実際検査を受けられる殆どの方が苦痛を軽減させる注射を希望されています。検査後に注射の影響が少し残るため、その日一日は車の運転等は控えていただきますが、検査自体は楽に受けることができ、中には内視鏡検査のことは全く覚えていない方もいらっしゃいます。さらに、嘔気等が少なくなり、検査医もよりしっかりした検査ができます。

 

検査当日にご自分で車の運転を予定されていれる患者さんには、そのような注射はせずに胃内視鏡検査でしたら他の病院と同じようにノドに入れる麻酔の薬と胃の動きを抑える注射のみで検査を受けていただいています。もちろん細くて鼻から挿入できる経鼻内視鏡も用意してあります。

 

内視鏡器具の洗浄・消毒は、一検査ごとに確実な消毒を行っていますので安心して検査を受けていただけます。また、国内では珍しくプライバシーに配慮した1台ずつの個室となっている検査室や、検査後に休んでいただく内視鏡室専用の回復室も充分な広さの設計になっており、施設面でも患者さんが安心して検査を受けていただけるように配慮しています。

 

トップ