消化器外科 食道がん 実績

1981年開院以来2014年12月迄に入院された全食道がん患者さんは6,222人です。治療法は時代と共に変化するため、2000年1月以降2014年12月迄の4,431人の治療法を抽出いたしました。この期間において1番多かった治療法は切除60.1%(2,662人)であり、その内訳として、外科的切除が41.2%(1,824人)、内視鏡的切除が18.9%(838人)となっています。外科的切除の中には8.9%(396人)の鏡視下補助手術が含まれています。切除以外の治療(非切除)は、39.9%(1,769人)です。

治療後5年以上生存する割合を『5年生存率』で表わしますが、食道がん切除後の全患者さんの5年粗生存率は63.2%(食道がん切除治療を受けた全員の生存率、がん以外で亡くなった人も含む)、そして5年原病生存率は70.8%(食道がんのみの原因で亡くなった人)でした。もちろん、がんの進行度(進み具合)により成績が大きく違います。他の治療法の成績もありますが、患者さんの背景(進行度)が異なっているため省略いたします。

食道がんは今後も診断や治療の面で変化していくと思われます。恵佑会では最新の情報を説明しながら、豊富な経験に基づいた診断と治療を行ってまいります。

 

食道がん症例数と治療法


2016年~


2016年
非切除

138

内視鏡的粘膜切除(EMR、ESD)

94
切除
152
切除(鏡視下補助)
24
合計409

 

2011~2015年

 2011年

2012年

2013年2014年2015年
非切除139160135133121
内視鏡的粘膜切除(EMR、ESD)8182877178
切除9697144144124
切除(鏡視下補助)

34

38404535
合計350377403393358

 

2006~2010年

 2006年2007年2008年2009年2010年
非切除115161128156159
内視鏡的粘膜切除(EMR、ESD)5457707079
切除105921017678
切除(鏡視下補助)1126254559
合計285336324347375

 

2001~2005年

 2001年2002年2003年2004年2005年
非切除61767896113
内視鏡的粘膜切除(EMR、ESD)2625353546
切除59819681107
切除(鏡視下補助)19164312
合計165198213215278

 

1996~2000年

 1996年1997年1998年1999年2000年
非切除3459494754
内視鏡的粘膜切除(EMR、ESD)2123151726
切除10486879375
切除(鏡視下補助)1   19
合計160168151157174

 

1991~1995年

 1991年1992年1993年1994年1995年
非切除3922414840
内視鏡的粘膜切除(EMR、ESD) 441418
切除7974718882
合計118100116150140

1986~1990年

 1986年1987年1988年1989年1990年
非切除614102530
切除3757546571
合計43716490101

 

1981~1985年

 1981年1982年1983年1984年1985年
非切除41115146
切除911173936
合計1322325342

 

トップ