乳がん検診

当院のマンモグラフィーの検査内容

最新マンモグラフィー装置 トモシンセス

マンモグラフィー検査とは、乳腺・乳房専用のX線撮影(レントゲン)で、専用の装置で乳房を圧迫しながら撮影します。

上下方向から1枚、左右斜方向から1枚、両方の乳房を撮影する場合は合計4枚撮影します。(追加撮影する場合もあり)検査時間は10分程度で終了します。

乳房を少しでも薄くする事により、乳房内部の様子がよくわかり、放射線の影響も最小限におさえる事ができます。 また、1回の撮影で乳房が受ける被ばく線量は少量です。

圧迫の際に圧迫感・痛みを伴う場合があります。診断に必要な良い写真を撮る為に圧迫することはとても重要ですので、ご協力をお願い致します。

また、当院には女性診療放射線技師も在籍しております。
撮影の際は、出来るだけ女性診療放射線技師が対応するよう、心がけております。

検査に対する不安、疑問等ございましたら、担当技師にご相談ください。

 

撮影にあたっての注意点

制汗剤やパウダーなど付着したまま撮影されると、がんの所見である石灰化に非常によく似て写ることがあります。また髪の毛が写真に写ることも診断の妨げになります。
不要な再検査、必要以上の被ばくを避ける為にもご注意ください。当院ではおしぼり、髪留めを用意しております。


撮影に適した時期

排卵後から生理が始まる頃まで、ホルモンの影響で乳房が硬くなったり痛みを感じたりすることがあります。なるべくこの時期は避け、できれば生理が始まって、1週間~10日後位が最適です。

 

札幌市乳がん検診が受けられない場合

  • 心臓ペースメーカーペースメーカーの位置がずれたり、リード線断線等、支障をきたす可能性があります。
  • 脳室-腹腔内シャント(VPシャント)乳房圧迫により破損する可能性があります。
  • 胸部IVHポートポートの位置がずれたり、カテーテルの断裂の可能性があります。
  • 乳房豊胸手術乳房内留置パックを破損する可能性があります。
    破損を免れたとしても周辺の乳腺を広げて撮影できない為、診断に必要な情報が得られにくいです。
  • 妊娠中、妊娠の可能性がある方放射線が胎児に影響を及ぼす可能性があります。
  • 授乳中の方は禁忌ではありませんが張っている乳房を圧迫すると通常よりかなりの苦痛を伴い、かつ大量の乳汁分泌が予想され、また張っている乳腺はマンモグラフィー上高濃度(dense breast)となり検診自体の精度も落ちます。

 

予約について

検査日

*1/31(火)より新たに火曜日も開始します

毎週火曜日 15:00~16:00(完全予約制)※祝祭日は除く

毎週金曜日 8:30 ~ 9:30(完全予約制)※祝祭日は除く

対象者
  • 札幌市にお住まいで40歳以上の方(偶数年で2年に1回)
  • 札幌市から配布される無料クーポンをお持ちの方

 ※現在症状のある方につきましては、呼吸器・乳腺外科を受診してください

 ※上記以外の方については、実費での検診となります

 

お問い合わせ

地域医療連携室(直通)
TEL: 011-863-8800FAX: 011-863-5666
受付時間: 平日14:00 ~ 17:00(土日祝日を除く)