スタッフコラム

第48回地域住民講座を開催しました

4月22日(土)、第48回 地域住民講座を開催しました。

 

今回の講演テーマは、『緩和ケアの「いままで」と「これから」』です。

主にがん患者さんにとっての身体及び様々な苦痛を取り除き、より良い生活を送っていただくための医療である緩和ケアについて、当院緩和ケア内科の上田敬子医師が講演しました。



 

 

 

 

 今回は、生憎の雨天にもかかわらず、68名もの方々にご参加いただきました。

 

 

  講演の中では、緩和ケアとは何か、緩和ケアの始まりと歴史、そしてこれからの課題等について詳しく解説をしました。
 ご参加頂きました方の中には、実際お身内にがん患者さんがいらっしゃる方、現在がん治療中の方もいらっしゃいました。
「これからについての不安もあるが、聞けて安心した」「家族の心のケアも大切」等、貴重な声を頂きました。
講演終了後は、多数のご質問も頂き、皆様の関心の高さが伺えました。


今回ご参加頂きました方々からは、当講演に関するご意見ご感想と併せまして、今後の地域住民講座への希望やテーマ等もお寄せ頂きました。
是非これから開催の講座への参考にさせて頂き、地域の皆様のニーズにお応えできるような充実した内容にして参りたいと思います。

ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。

次回の住民講座は、2017年6月24日(土) 「口から食べること支援する」というテーマで当院歯科口腔外科の高後友之医師、宮本里紗歯科衛生士、小川聖子管理栄養士が講演を行います。

6月24日(土) 開催:地域住民講座 【詳細情報】
皆様、ぜひお越しください。

前へ
1 2 3 4 5 6