スタッフコラム

第54回地域住民講座を開催しました

8月25日(土)、第54回地域住民講座「がんと診断されたときに知りたいこと」を開催しました。

 

 

今回は、

当院副院長の西田靖仙医師が講演を行い、75名もの皆さまにご参加頂きました。

当日は雨が降る時間もありましたが、講演前には日も差し、多くの皆さまにご参加頂きありがとうございました! 



西田医師からは、まず「がん」がどんなものなのか、現在の治療方法などの紹介などがあり、

実際に「がん」と診断されたときに、何をしたらよいのかといった内容が盛り込まれました。

また、治療を始める前に確認しておくこと、相談しておくことなどについても触れられ、

ご参加頂いた皆さまからは、好評頂きました。

 

 

 

以前にもご参加頂いた方、今回初めて参加された方など、幅広くご参加頂きました。

ご参加された方からの関心も高く、

参加者の皆さまからは、治療を始める際の病院の選択肢についての質問があがり、

西田医師からは、「生活の環境などを考慮し、標準治療であればどの病院でも行えるが、何かあればセカンドオピニオンやインターネットなどを使って調べてみることもよいのではないか」と回答がありました。

 

その他、「また参加したい」や「学習の幅が広がった」など、たくさんのご意見・ご感想を頂戴しました。ありがとうございます。

皆さまからのご意見は今後の住民講座に向けて参考にさせて頂きます。

今後も、社会医療法人恵佑会札幌病院では、定期的に住民講座などの地域の皆様にも

ご参加いただける催しを予定しております。

住民講座のご案内は、当ホームページや、院内でお知らせしてまいりますので、

ぜひご覧ください!