スタッフコラム

第2回 地域がん診療連携拠点病院としての医師・メディカルスタッフ対象研修会を開催しました


6月20日(火)、平成29年第2回地域がん診療連携拠点病院としての医師・メディカルスタッフ対象研修会を開催しました。




今回は「がんのリハビリテーションに関して」というテーマで、時計台記念病院リハビリテーション部・理学療法士の池端隆一先生に講演頂きました。



池端先生からは、現在の理学療法や様々な取り組みをお話頂きました。

また、実際の症例を交え、がんの症状に合わせた運動療法なども紹介頂きました。



 

 

研修会には、院外・院内より62名もの皆さまにご参加頂きました。

今回の内容は、前回のコラムや地域連携カンファランスページでもご案内していたように、日々の看護実践に活かせるリハビリについても講演頂きました。

そのため看護師の皆さんの関心も高かったようです。

 

 

 

当院の西田副院長からは、「現代のリハビリがここまで進歩していたとは驚きです。恵佑会にリハビリ施設がない分、今回の講演は非常に新鮮で、良い勉強になりました。」との感想がありました。

 

 

さて、今後も恵佑会札幌病院では地域がん診療連携拠点病院として、他の医療機関と連携を取りながらこのような研修会にも取り組んでまいります。

次回の研修会は、9月11日(月)に市立札幌病院 精神医療センターの上村恵一先生に講演頂きます。

参加お申し込み・お問合せは地域医療連携室までご連絡ください。

9月11日(月)第3回「地域がん診療連携拠点病院としての医師・メディカルスタッフ対象研修会」

 

 

8月29日(火)には医療連携カンファランスも開催されます。

「集学的治療が有効であったあった症例」というテーマで複数演題の発表となります。

こちらも参加申し込みを受け付けております。

皆さまのご参加をお待ちしております。

8月29日(火)医療連携カンファランス