【新型コロナウイルス対策ご協力のお願い:ご来院前に必ずご確認下さい】

vol.27 れんこん餅の具だくさん汁

※このページの内容は、恵佑会だより発行時点のものです。

寒い冬にからだ温まる一品

実は栄養たっぷりのれんこん


れんこんに含まれるポリフェノ―ルのタンニンには消炎・止血の作用があり、胃腸のトラブルに効果的。れんこんのビタミンCはでんぷんに守られているため、加熱しても壊れにくいのが特徴です。おろしてしぼった汁も料理に使用しましょう。


他にも食物繊維が豊富に含まれており、不溶性食物繊維には便秘解消、整腸効果、水溶性食物繊維には血清コレステロールや血糖の上昇を抑える働きがあります。寒い冬にからだを温めるしょうが汁が入った一品、いかがでしょうか。

(2人分:255kcal)

れんこん…150g
《A》
 片栗粉小さじ1と1/2
 塩··少々
木綿豆腐…60g
ごぼう50g
大根40g
板こんにゃく…30g
にんじん20g
だし汁500cc
《B》
 大さじ1と1/2
 みりん大さじ1/2
 醤油小さじ1
 塩小さじ1/2
しょうが汁少々
ごま油少々
三つ葉お好みで


1

れんこんをすりおろし、ザルにあげて水をしぼる。《A》を加えてよく混ぜ、―ロ大に丸める。

しぼり汁はとっておく。

2

大根、にんじんはいちょう切りに、ごぼうはささがきにして水にさらす。

豆腐は一口大、板こんにゃくは熱湯に通し臭みをとり、食べやすい大きさに切る。

3鍋にだし汁を熱し、②を入れ、煮立ったら火を弱めて10分ほど煮る。
4③に《B》の調味料、①のれんこん餅、しぼり汁を加え、れんこん餅が透き通るまで煮る。
5風味付けにしょうが汁とごま油を加え、2~3分煮たら火を止める。
6

お椀によそい、三つ葉を飾る。