ごあいさつ

理事長ごあいさつ


恵佑会札幌病院は、1981年(昭和56年)3月の開設以来、「悪性腫瘍の診断、治療および末期治療を一貫としておこなう」ことを最大目標とし、その目標に向かって順調に発展を遂げてまいりました。

 

以降、1993年5月に恵佑会東病院、1999年4月に恵佑会臨床病理学研究所を開設いたしました。2000年2月の緩和ケア病棟(24床)開設を機に、末期がん治療への取組みを強化、2009年4月には「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受け、そして2010年9月1日に社会医療法人として認可を受けました。

 

がん治療には手術、放射線、化学療法の3大治療法がありますが、当院では単独治療ではなくこれら複数の治療法を組合せて患者さんに最適な治療を行っています。手術は、複数の科の医師が協力して行ないます。また、64列CT、MRI、PET/CTなど高性能機器を用いて専任医師が画像診断を行い、放射線治療では強度変調放射線治療(IMRT)なども導入、安全性や確実性に配慮した治療を行っています。また、化学療法でも専任の医師が活躍しております。

 

当院では、悪性腫瘍以外の一般診療はもちろんのこと、日進月歩の多様化したがん治療に対応すべく体制を整備してまいりました。

 

モットーは、シンプルに「自分の家族が安心してかかれる」病院です。

今後も「質の高いがん医療」を目指し、地域の拠点病院として取り組んでまいります。



院長ごあいさつ

恵佑会札幌病院は1981年、細川理事長を中心に、悪性腫瘍の診断、治療、そして終末期医療を一貫して行うという趣旨で設立されました。当初の診療は、細川理事長の専門領域である消化器がんを中心としたものでしたが、その後歯科・口腔外科、消化器内科、呼吸器外科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、放射線科、乳腺外科を順次開設し、診療内容の充実を図ってきました。現在、全ての科が悪性腫瘍を診療の中心に据えており、全国トップレベルにある消化器外科を目標に各科が診療に当たっています。

 

当院は開院以来、各学会の診療ガイドラインに準ずることは勿論ですが、当院での治療実績に基づいた疾患の診断及び治療を目指してきました。これまで当院では多数の患者さんを朝早くから夜遅くまで緻密な目で診ることにより、膨大かつ詳細なデータを蓄積してきました。今後も更にデータを積み重ね、患者さんに常に最新かつ最善な医療を提供してまいります。

 

また、当院では、患者さん個々に異なるライフスタイルや全身状態等を考慮した上で、患者さんの希望に沿った医療の提供も行ってまいります。近年、医療は目覚ましい進化を遂げており、新しい手術術式、放射線治療法、抗がん剤治療法が多数確立されています。 異なる治療法から同等の治療成績が得られる例も多く見られます。当院では、このように最先端で多様化したがん治療に対応すべく体制を整備しており、患者さんのニーズに応じた適切な治療法を選択していただけるよう取り組んでいます。今後も引き続き、最新の医療機器の導入、各種資格の取得、また人的資源の充実を図ってまいります。

 

最後となりますが、当院では高度の悪性腫瘍の診療に加え、地域医療への貢献も大変重要な課題として捉えています。当院の良性疾患の手術件数や、全患者数に占める地元札幌市白石区の患者さんの割合が最も多いというデータに、当院の地域医療への考え方が反映されていると認識しています。

 

当院は高度の医療技術を要するがん患者さんが必要とする診療を提供するとともに、地域住民の方が安心して受診できる病院でありたいと考えています。