臨床工学技士 概要・特徴

臨床工学技士 メニュー

臨床工学技士とは生命維持管理装置の操作、保守点検業務を主に行う目的として1988年に施行された国家資格です。当院の臨床工学技士は医療機器の機械操作の臨床業務や点検修理を主に携わっております。


医療機器の点検修理業務

院内で使用する輸液ポンプやシリンジポンプ等、一部の医療機器の貸出管理業務を行っております。貸出ている医療機器の使用が終了する度に点検、修理をして次に使用する時に安全な治療を提供できるようにしております。また定期的な間隔で普段より時間をかけて厳しい基準の点検も院内で行っております。

 

 

手術業務

近年は高度な医療機器を多くの手術で使用されるようになりました。当院の臨床工学技士はその医療機器の点検、準備、操作を行い、患者様に安全な手術を提供できるようにしております。また、清潔野補助(器械出し)を行い、そこで得た手術の知識と専門的な工学知識を融合し、医療機器の操作の介助に生かしております。



透析業務

当院の臨床工学技士は物品の準備や治療条件の変更等の業務を主に行っております。


 

その他の業務

RFA(経皮的ラジオ派焼灼法)、CART(腹水濾過濃縮再静注法)、CAP(血球成分除去療法)等の機械操作、PTA(経皮的血管拡張術)等の介助業務を行っております。

トップ