看護部 ご挨拶/理念

ご挨拶



「自分の身内も含め、患者さん全員が安心して受診できる医療環境を目指す」という病院の理念の下、看護部では常に患者さんの立場に立ち、患者さんに安心して受診していただくことを目標にしています。

 

「自分の大切な人が病に倒れたときに、病院という場はどうあってほしいのか」、「大切な人に対して医療者はどのような姿勢で臨んでほしいのか」ということを私達は常に念頭に置いて日々の業務をしていきます。

 

また、当院の特色でもある悪性腫瘍の一貫診療には、様々な高度な専門性が求められます。看護部においても、看護の専門性をより一層高めていくために日々研鑽を積み、そして体制の整備を進めていきます。

 

平成21年には地域がん診療連携拠点病院の指定を受けました。

地域社会の一員であるという自覚を持ち、地域医療の発展に貢献していきます。

 

社会医療法人恵佑会 統括看護部長

札幌病院 副院長 兼 看護部長

渡辺 由美

(認定看護管理者、緩和ケア認定看護師)

理念

自分にとって大切な人が病気になった時、安心してかかれる病院であることを目指します。

 

~患者・家族に寄り添い、思いやりのある看護の提供~


看護方針

  • 人間の生命を尊重し、また人間としての尊厳および権利を尊重します。
  • がん専門病院として、より専門性の高い看護実践を行います。
  • 看護部は変革する医療に対応し、常に質の高い看護を提供できるよう継続的、効果的な学習の機会を設定し、また個人の責任においても継続的学習に努めます。



季刊誌恵佑会だよりにて、当院副院長・看護部長をご紹介しています。ぜひご覧ください。

 

ピープル[恵佑会だより 2015 vol.15]

 

トップ