がん医療について

恵佑会のがん医療についてお伝えしたいこと

私たちの目指すもの がん専門病院として患者さん一人ひとりと向き合い、一貫した診療を行います。

私たち恵佑会札幌病院は、がん専門病院として質の高いがん医療を目指し、一貫した診療にあたることを最大の目標としています。

がんの診断・治療から、再発あるいは緩和ケアが必要になった場合にも、安心して受診していただける体制を整えています。

「私だったら」「私の家族だったら」と考えながら、患者さん一人ひとりと向き合うことを全スタッフが目指しています。

恵佑会はがん治療において多くの症例実績を誇りなかでも消化器系がんにおいては全国トップクラスの実績です
経験豊富なスタッフによる質の高い専門的ながん医療をめざしています

「地域がん診療連携拠点病院」としてがん医療の向上に貢献します。

地域がん診療連携拠点病院として

私たちは、より「質の高いがん医療」を提供する「地域がん診療連携拠点病院」として、がん医療の向上に貢献することを目指しています。

がんの治療について

最先端の医療機器を活用し、患者さんの状態やニーズに応じて、がん治療の3本柱となる「手術・放射線治療・化学療法」を提供しています。各分野の高度な専門性を身につけた経験豊富なスタッフが緊密に連携しながら、一人ひとりの治療を支えていきます。

がんと自分らしくつきあうために

患者さん自身が治療に主体的に立ち向かっていくために、医師から治療法などの十分な説明を受け、納得した上で自身が治療法を選択できる体制を整えています。それぞれが望む「生活の質」の維持・向上を目指し、緩和ケアやさまざまな相談にも対応しています。

がんの早期発見のために

「PET/CT」「3D搭載マンモグラフィ」などの最新鋭の検査機器を導入し、正確な診断からのがんの早期発見、早期治療に力を入れています。

動画のご紹介

当院のご紹介やがん医療についての動画をご覧いただけます。

恵佑会の「がん医療」についてお伝えしたいこと社会医療法人 恵佑会 理事長細川 正夫

恵佑会札幌病院は、1981年(昭和56年)の開設以来、「がんの診断・治療・再発・終末期を一貫として診療する」ことを最大の目標として、成長を続けてきました。「私だったら」「私の家族だったら」と考えながら、患者さん一人ひとりに向き合うことを全スタッフがモットーとし、安心して受診していただける病院を目指しています。
がんの治療については、手術・放射線治療・化学療法を組み合わせる集学的治療によって、患者さんにとって最適な治療を行っており、当院で治療が完結できるように人材と機器を備えています。また、がんによるつらい症状の緩和的治療を行う緩和ケア病棟では、主治医と緩和ケア医が連携して対応にあたり、特に終末期には人間の尊厳を保つことができるよう配慮しています。各診療科の医師をはじめ看護師、薬剤師、放射線技師などそれぞれの専門職が協力して取り組むチーム医療にも力を入れ、最新かつ最善の医療の提供を続けています。 がんの治療には、患者さん自身が主体的に立ち向かうことも大切になります。それに対して私たちは、より「質の高いがん医療」を提供することでできる限りの協力をし、安心してお任せいただける病院づくりに総力を挙げて取り組んでいます。

恵佑会の治療する疾患を医師に取材し特集。質問形式でわかり易く解説しています。