消化器外科 概要・特徴

消化器外科では、細川理事長のもと約10名が診療にあたっています。


治療対象疾患は、各種消化器悪性腫瘍および炎症性腸疾患・胆石症・ヘルニア・虫垂炎等の良性疾患です。悪性腫瘍の症例数は全国でも有数です。特に、食道がんの治療については国内の指導的立場にあり、胃がん・大腸がんの手術件数も全国のトップレベルにあります。


研究発表も盛んです。論文発表、全国学会をはじめとする各研究会・地方会で発表を行っています。

消化器外科では、外科全般にわたり幅広く治療をおこなっています(呼吸器・乳腺領域は呼吸器外科が担当します)。特に、地域がん診療連携拠点病院として各種消化器悪性腫瘍の治療と胆石症・虫垂炎・鼠径ヘルニアなどの手術治療に力を入れています。

 

スタッフは、細川理事長以下約10名であり、病院理念である「診断から終末期まで一貫して治療にあたること」を実践すべく診療にあたっています。診療グループは食道グループ・胃胆膵グループ・大腸肝臓グループの3グループに分かれており、治療はそれぞれの疾患グループが専門的能力を活かしておこなっています。消化器悪性疾患の手術症例数は全国有数で、特に食道がんの手術件数は全国トップであり、細川理事長の手術技術は全国の食道外科医の指導医的立場にあります。また、各手術には腹腔鏡や胸腔鏡を用いた内視鏡下手術も積極的に導入しています。各グループの臨床研究も盛んであり、学会や研究会での発表もおこなっています。

 

さらに、日本外科学会認定医修練施設、日本消化器外科学会専門医修練施設として、消化器がん専門医の育成にもあたっています。

他の医療施設からの紹介状をお持ちの患者さんや当院で直接に診察を希望される患者さんは、月曜日から金曜日の消化器外科外来で対応いたします。外来受診では予約の必要はありませんが、あらかじめお電話をいただけると各疾患の担当医の外来日にご案内いたします。

 

術前検査は原則的には通院でおこないますが、担当医の判断によっては入院して検査をおこなう場合があります。消化器悪性疾患の入院検査は消化器内科医が担当するため第2病院への入院となります。

スタッフは日々多忙でありますが、患者さんの一日も早い回復を願って治療に当たります。各疾患グループ間の協力体制も充実しており、消化器外科全員が力を合わせて患者さんの社会復帰を目指してまいります。

認定施設

  • 日本外科学会外科専門医修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設

トップ