栄養科 概要・特徴

栄養科 メニュー

栄養管理を通じ入院~家庭での食生活を支援


 
 

管理栄養士4名、栄養士4名、調理従事者25名のスタッフで構成されており、患者さんそれぞれの病態に合わせて適正な栄養量・栄養バランスのとれた食事の提供をしています。

 

また、ご家庭でも病状や生活に合わせた食事をしていただくため、医師から依頼のあった患者さんに対し栄養指導を行い、栄養サポートをおこなっております。

 

 

栄養科 健康レシピ

 

食事について

適温での食事の提供

温冷配膳車を使用し、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、適温でお召し上がりいただけるよう配慮しています。

食事時間

朝食

8:00

昼食

12:00

夕食

18:00

 

セレクトメニュー

毎日のお食事を少しでも楽しんでいただくため、常食と全粥食を召し上がっている患者様を対象に、毎週日・火・木曜日の昼食と夕食にセレクトメニューを提供しています。

※治療上又はアレルギー管理等のため、お選びできない場合もございます。


行事食

入院中であっても、季節感を感じられるよう行事食を実施しております。

 

 

栄養管理

入院されている全ての患者さん、一人ひとりに栄養管理実施計画書を作成し、栄養状態の評価を行なっています。手術後の患者さんは食事形態に工夫が必要となるため、直接ベッドサイドでお話を聞いたりして、医師、看護師、薬剤師、言語聴覚士と連携をとり、栄養補給方法・摂食機能面から食形態等を検討しています。

また、 化学療法による食欲低下に対する「さわやか食」、口内炎に対する「なめらか食」など多様な個別対応食もご用意しています。





さわやか食(選択メニュー)

「食欲がない」方にお勧めのさっぱり味・口当たりのよい食事と「味が感じにくい・味がしない」という方にお勧めの味はっきりしたメニューを提供しています。

 

※写真のメニュー以外にも、冷たい麺類やフルーツ盛り合わせ、生野菜サラダのようなさっぱりしたメニュー、カレーライスや焼きそばなど味のはっきりしたメニューをご用意しています。

栄養指導

栄養科では、入院・外来の患者さんを対象に栄養食事指導をおこない、患者さんそれぞれの病態に合わせた食事療法について、具体的にお話ししています。ご家庭でも継続していただけるよう、レシピ集なども配布しています。

 

トップ