放射線治療科 概要・特徴

当院では、集学的治療の三本柱として欠かすことのできない放射線治療に力を入れています。

 

この部門のスタッフは、常勤医2名・医学物理士2名・治療専任の診療放射線技師5名・治療専任の看護師1名によって構成され、その他専任以外の放射線科所属看護師3名・放射線診断医1名・事務職員2名などの連携によってサポートされています。

 

毎年500~600例ものご紹介をいただき、総治療数も600~700件と道内屈指の症例数を誇っております。その8割が根治治療を目的としている点と、強度変調治療 (IMRT)に特に力を入れている点、再発例などの腫瘍制御にも役立つ画像誘導放射線治療 (IGRT)など、より高度な放射線治療の経験が豊富です。


トップ