vol.21 白菜の重ね蒸し

冬野菜の代表!白菜レシピ

食卓の主役から脇役まで大活躍の万能食材

 

白菜に含まれるイソチオシアネートは消化を助けたり、がんの予防にも効果的な働きをしています。芯の部分にはカリウムが豊富に含まれており、高血圧の予防や、むくみを改善してくれます。白菜は主菜から副菜まで幅広い料理に使うことのできる、まさに万能な野菜です。

 

タネに混ぜ込んである人参にはカロテンが含まれており、免疫力を高める効果があります。カロテンは火を通すことで吸収率が良くなるといわれており、生で食べるより焼く、蒸す、茹でるなどの調理法がおすすめです。また、人参のオレンジ色で彩りも良くなります。

(1人前:214kcal)

白菜…100g
酒…適量
ポン酢…適量
小葱…適量
《A》
 鶏ひき肉…100g
 人参…30g
 玉ねぎ…30g
 塩・こしょう…少々
 しょうが汁…1g
 酒…大さじ2/3
 醤油…大さじ2/3

 

1白菜は5センチ幅に切る。人参と玉ねぎはみじん切り、小葱は小口切りにする。
2

Aをボールに入れ、粘りがでるまで練る。

3耐熱皿に白菜、[2]を交互に重ねて入れる。
4重ね終わったら全体を上から手で押さえて形を整える。
5酒をまわしかけ、ラップをふんわりとかけて電子レンジ(500W)で10分加熱する。
(ご家庭の電子レンジにより加熱時間が異なりますので、様子を見ながら加熱してください)
6

半分に切り分けて皿に盛り、ポン酢をかけて小葱を散らす。