スタッフコラム

第2回 地域がん診療連携拠点病院としての医師・メディカルスタッフ対象研修会を開催しました

6月15日(水)に平成28年第2回 地域がん診療連携拠点病院としての医師・メディカルスタッフ対象研修会を開催しました。

札幌山の上病院 副院長・リウマチ膠原病センター センター長 中村聡子先生が「免疫チェックポイント抗体~安全に使うためにできること~」というテーマで

講演を行いました。

今回は29名の方にご参加いただきました。

たくさんの図表を用いて、免疫は良いものと思われているが、免疫異常の病気が起こる可能性があること、免疫関連有害事象のマネージメント(ステロイドの投与等について)、重症筋無力症については、病院での実体験を具体的に挙げながらご説明いただきました。

また、リウマチで使われる生物学的製剤の全例調査など、様々な興味深いお話をしていただき、あっという間の1時間でした。

医師や医療従事者の知識を深めることができたと思います。